img005.jpg  

お知らせ

  • 2014.2.4  骨盤臓器脱手術に対する経腟メッシュ手術施行に関する指針が公表されました。
  • 2014.4.22 経腟メッシュ手術合併症報告のフォームを公開致しました。                                             ※できるだけ多くの報告を集積したいと考えておりますので、会員・非会員に関わらずご協力をお願い致します。
  • 2014.5.13 ジョンソン・エンド・ジョンション社のガイネメッシュの適応変更について
  • 2014.5.14  骨盤臓器脱治療用メッシュ「ポリフォーム(BS社)」販売開始のお知らせ
  • 2015.8.1-2 第17回日本女性骨盤底医学会の学術集会、総会が開催されました。 
  • 2015.8.1 総会では新役員、第18回本学会、第19回の本学会の開催地等が決定されました。また国際ウロギネコロジー学会(IUGA)への加入が承認されました。

   

学術集会ご参加について

学術集会のご参加は、原則として学会会員を対象としております。会員でない方は、入会手続きが必要です。

ご入会手続きは、こちらから

日本女性骨盤底医学会の紹介

image01.jpg近年、高齢化に伴い子宮、膀胱、尿道などの骨盤底の臓器の下垂や機能障害に悩む女性が増加しています。このような疾病を診断、治療する医学分野をウロギネコロジー骨盤底医学とよびます。

 

女性のQOLを向上させるため、本学会は「ウロギネコロジー勉強会」として2001年に大阪から産婦人科医、泌尿器科医が集いスタートしました。

会員数の増加に伴って2002年に「ウロギネコロジー研究会」、2004年「日本ウロギネコロジー研究会」と発展してまいりました。

 

泌尿器科医産婦人科医が約400名ずつ、また下部消化管外科医若干名、看護師ソーシャルワーカーの皆様の参加をいただき、平成27年の会員数は900名を超えました。
2006年の第8回から現在の「日本女性骨盤底医学会」として新たなスタートを切っています。

平成27年は京王プラザで巴ひかる学術集会長のもとに第17回の学術集会を開催しました。

平成28年は本学会初ですが、九州の地で、産業医科大学産婦人科教授 蜂須賀徹先生が学術集会長で開催いたします。経腟骨盤底手術のみならず、最先端の腹腔鏡手術などについての討論が期待されます。

皆様の奮ってのご参加をお願いします。

 

骨盤底医学(骨盤臓器脱や下部尿路症状など)に興味のある医師やコメディカルの方々は是非ご参加、ご入会お待ちしています。

日本女性骨盤底医学会の活動

第17回日本女性骨盤底医学会

2015年8月1日 

〔学術集会長〕巴ひかる(東京女子医科大学東医療センター骨盤底機能再建診療部 教授)

〔会長講演〕私のForever Challenge

〔シンポジウム1〕女性性機能 井上雅、西郷理恵子、金城真実、関口由紀

〔教育セミナー1〕Overactive Bladder: an overview of AUA/SUFU GuidelineKathleen C. Kobashi

〔教育セミナー2〕女性骨盤底疾患と下部尿路機能における今日的課題 武井実根雄

〔ディベートセッション〕骨盤臓器脱の手術 加藤久美子、嘉村康邦、市川雅男、成島雅博、草西洋

〔特別講演〕Robotic sacrocolpopexy Kathleen C. Kobashi

〔教育講演〕繊細な骨盤内構造を考える  秋田恵一

〔イブニングセミナー〕Strategic SUI treatment with TOT procedure   G. Willy Davila

8月2日

〔モーニングセミナー〕Capio SLIMを使用した新しい骨盤臓器脱手術 吉村和晃、野村昌良

〔シンポジウム2〕骨盤底筋訓練 谷口珠実、重田美和、平川倫恵、新島礼子

〔教育セミナー3〕Female LUTS 最近の話題 横山修

〔ビデオセッション〕LSCのコツ 安部弘和、谷村悟、竹山政美

〔IUGA報告〕大川あさ子、金城真実、関口由紀、G. Willy Davila

お問合せはこちら

当学会の活動や入会申し込みに関するご質問は、お電話もしくはフォームからご連絡ください。

なお、診療・治療に関するご質問は、地域の医療機関へお問い合わせください。

TEL : 06-6645-3941

受付時間 : 10:00〜17:00(土日祝祭日は除く)

事務局 : 大阪市立大学大学院医学研究科産科婦人科学講座内

 

学会サービス利用のお問合せはこちらへ

▲このページのトップに戻る