img005.jpg  

お知らせ

  • 2014.2.4  骨盤臓器脱手術に対する経腟メッシュ手術施行に関する指針が公表されました。
  • 2014.4.22 経腟メッシュ手術合併症報告のフォームを公開致しました。                                             ※できるだけ多くの報告を集積したいと考えておりますので、会員・非会員に関わらずご協力をお願い致します。
  • 2015.8.1 総会で国際ウロギネコロジー学会(IUGA)への加入が承認されました。
  • 2017.7.29-30 第19回日本女性骨盤底医学会が福井県で福井大学医学部泌尿器科講座 横山 修会長のもと開催されました。
  • 2018.2.17-18  第12回日本骨盤臓器脱手術学会が日本大学 高橋悟会長のもと、東京都で開催されました。
  • 2018.7.21-22  第20回日本女性骨盤底医学会が日本医科大学 明楽重夫会長のもと、東京都ベルサール汐留で開催されます。http://www.coac.jp/20jfpfm/

   

学術集会ご参加について

学術集会のご参加は、原則として学会会員を対象としております。

会員登録がお済みでない方は、入会手続きが必要です。

ご入会手続きは、こちらから

日本女性骨盤底医学会の紹介

image01.jpg近年、高齢化に伴い子宮、膀胱、尿道などの骨盤底の臓器の下垂や機能障害に悩む女性が増加しています。このような疾病を診断、治療する医学分野をウロギネコロジー骨盤底医学とよびます。

 

女性のQOLを向上させるため、本学会は「ウロギネコロジー勉強会」として2001年に大阪から産婦人科医、泌尿器科医が集いスタートしました。

会員数の増加に伴って2002年に「ウロギネコロジー研究会」、2004年「日本ウロギネコロジー研究会」と発展してまいりました。

 

泌尿器科医産婦人科医が約400名ずつ、また下部消化管外科医若干名、看護師ソーシャルワーカーの皆様の参加をいただき、平成27年の会員数は900名を超えました。
2006年の第8回から現在の「日本女性骨盤底医学会」として新たなスタートを切っています。

平成27年は京王プラザで巴ひかる学術集会長のもとに第17回の学術集会を開催しました。

平成28年は本学会初、九州の地で産業医科大学産婦人科教授 蜂須賀徹先生が学術集会長で開催いたします。経腟骨盤底手術のみならず、最先端の腹腔鏡手術などについての討論が期待されます。

皆様の奮ってのご参加をお願いします。

 

骨盤底医学(骨盤臓器脱や下部尿路症状など)に興味のある医師やコメディカルの方々は是非ご参加、ご入会お待ちしております。

日本女性骨盤底医学会の活動

第19回日本女性骨盤底医学会

2017年7月29日(土)〜30日(日)

〔学術集会長〕横山 修(福井大学医学部 泌尿器科学講座 教授)

 

〔教育講演〕

New insights in POP surgery

 Arnaud Wattiez ( Head of GYN Department, Latifa Hospital, Dubai-UAE Professor of

OB/GYN – Strasbourg University, France )

 

〔シンポジウム〕NTR/TVM/LSCの中〜長期的成績、機能評価も含めて

骨盤臓器脱に対するNTR手術の中長期成績

 羽室 明洋(大阪市立大学大学院医学研究科 女性生涯医学)

NTRおよび腟閉鎖術の中長期成績―TVM/LSCとの比較と術式の選択

 竹村 昌彦(大阪急性期・総合医療センター 産婦人科)

TVM手術の成績と合併症としてのびらん、LSCにかける期待

 福島 正人(福井大学医学部 泌尿器科学)

TVM手術後5年における下部尿路症状と性機能について

 持田 淳一(日本大学医学部 泌尿器科学系泌尿器科学分野)

当院LSCの中期成績と再発原因の検討

 成島 雅博(名鉄病院 泌尿器科)

当科におけるLSCの手術成績とメッシュ合併症の予防策

 市川 雅男(日本医科大学 産婦人科)

 

〔ディベート〕後腟壁repairをどうする、mesh vs non-mesh

後腟壁repairをどうする、mesh vs non-mesh

 木村 俊夫(市立芦屋病院 産婦人科)

私の後腟会陰修復について

 草西 洋(地方独立行政法人明石市立市民病院 産婦人科)

後壁repair? メッシュでしょ!

 野村 昌良(亀田メディカルセンター ウロギネコロジーセンター)

当院での後腟壁repair

 成島 雅博(名鉄病院 泌尿器科)

 

〔ビデオセッション〕POP手術のコツ

LSCとTVM、今まさに技術の融合

 野村 昌良(亀田メディカルセンター ウロギネコロジーセンター)

Native Tissue Repair (NTR)のコツ

 永田 一郎(埼玉医科大学 産婦人科)

 

〔ランチョンセミナー1〕ウロからギネへ、ギネからウロへ、知って得する診療のコツ

中部尿道スリングの手術のコツ

 嘉村 康邦(四谷メディカルキューブ 泌尿器科)

ウロからギネへ、ギネからウロへ 知って得する診療のコツ

 井上 裕美(湘南鎌倉総合病院 産婦人科)

 

〔ランチョンセミナー2〕骨盤内手術とLUTS

泌尿器科疾患における骨盤内手術とLUTS

 伊藤 秀明(福井大学医学部 泌尿器科学)

腹式子宮全摘出術と尿失禁

 安井 智代(大阪市立大学大学院医学研究科 女性病態医学)

 

〔ランチョンセミナー3〕

尿失禁の今日的治療−これだけは見逃さない!−

 巴 ひかる(東京女子医科大学東医療センター 骨盤底機能再建診療部/泌尿器科)

 

〔ランチョンセミナー4〕ホルモン補充を含めたFLUTS治療最前線

Genitourinary syndrome of menopause(閉経期 生殖器・尿路症候群)とエストロゲン

 折坂 誠(福井大学 産科婦人科)

当院での過活動膀胱治療の現況について〜FLUTSを中心に〜

 影山 慎二(かげやま医院)

 

〔イブニングセミナー〕女性骨盤底疾患と難知性下部尿路機能障害への治療戦略

Women’s Pelvic Healthのための新たな治療戦略−神経変調療法Interstim Uにかける期待−

 横山 修(福井大学 泌尿器科)

骨盤腔の解剖的見地から行う腹腔鏡下広汎子宮全摘術

−出血させない、排尿障害のない手術をめざして−

 舟本 寛(富山県立中央病院 産婦人科)

 

〔スポンサードセミナー1〕産後の尿もれに関する現状と提案

産後の尿もれはなぜ起こる

 辻 隆博(福井赤十字病院 産婦人科)

海外における産後の骨盤底ケアの最新情報

 吉田 美香子(東京大学大学院医学系研究科 社会連携講座イメージング看護学)

外来における産後の尿失禁に対する保存療法の実際

 谷口 珠実(山梨大学大学院総合研究部 健康・生活支援看護学)

産後の尿もれ 今できること

 中田 真木(三井記念病院 産婦人科)

 

〔スポンサードセミナー2〕POPおよび尿失禁に対する骨盤底筋体操の指導と効果

女性骨盤底疾患に対する理学療法の課題と展望

−あなたの思う「骨盤底筋体操」は隣の方と同じですか?−

 吉川 羊子(小牧市民病院 泌尿器科 排尿ケアセンター)

骨盤底筋体操のエビデンスと諸外国での実践

 大内 みふか(北海道医療大学 リハビリテーション科学部理学療法学科)

多職種が協働して行う骨盤底リハビリテーション

 吉田 美香子(東京大学大学院医学系研究科 社会連携講座イメージング看護学)

実践!触れてみよう、感じてみよう、骨盤底筋 〜実技〜

 重田 美和(医療法人LEADING GIRLS LUNA骨盤底トータルサポートクリニック)

 

〔市民公開講座〕産後から始まる骨盤ケア・尿トラブル・脱はどう治す?

尿トラブル・脱に取り組む−患者として医師として

 加藤 久美子(名古屋第一赤十字病院 女性泌尿器科)

いつ行くの?今でしょ!〜女性泌尿器科〜

 堤内 真実(福井大学医学部 泌尿器科学講座)

骨盤のアンチエイジング−産後から、今日からできること

知野 陽子(福井大学医学部 産科婦人科学)

お問合せ

当学会の活動や入会申し込みに関するご質問は、お電話もしくはフォームからご連絡ください。

なお、診療・治療に関するご質問は、地域の医療機関へお問い合わせください。


TEL:06-6645-3941
受付時間:10:00〜17:00(土日祝祭日は除く)
事務局:大阪市立大学大学院医学研究科産科婦人科学講座内

→ 学会サービス利用のお問合せはこちらへ

▲このページのトップに戻る