日本女性骨盤底医学会の活動報告

2001年10月 我が国初のUrogynecologyの勉強会を大阪大学医学部産婦人科が開催
(担当 古山将康)
2002年9月 第1回Urogynecology研究会として発足 
2003年5月 研究会世話人会で研究会の名称を「日本ウロギネコロジー研究会」と変更
2003年11月 第3回日本ウロギネコロジー研究会の会長に大阪市立大学大学院医学研究科女性病態医学講座の石河修教授が就任 
2004年5月 第4回日本ウロギネコロジー研究会の開催とともに第1号の研究会会誌を発刊 
2005年6月 第6回日本ウロギネコロジー研究会が大阪の地を離れ、はじめて金沢で開催。
学術集会長は金沢大学大学院医学系研究科修学治療学(泌尿器科学)並木幹夫教授
2005年11月 第8回から学会として活動することが了承された
2006年6月 第8回日本女性骨盤底医学会(北海道) 北海道大学 産婦人科 櫻木範明
2007年6月 第9回日本女性骨盤底医学会(福島) 福島県立医科大学 泌尿器科 山口脩
2008年6月 第10回日本女性骨盤底医学会(岡山) 岡山大学 産婦人科 平松祐司
2009年7月 第11回日本女性骨盤底医学会(奈良) 奈良県立医科大学 泌尿器科 平尾佳彦
2010年5月 第12回日本女性骨盤底医学会(埼玉) 防衛医科大学 産婦人科 古谷健一
2011年7月 第13回日本女性骨盤底医学会(横浜) 昭和大学横浜市北部病院 泌尿器科 島田誠
2012年7月 第14回日本女性骨盤底医学会(大阪) 大阪市立大学 産婦人科 石河修
2013年7月 第15回日本女性骨盤底医学会(東京) 日本大学 泌尿器科 高橋悟
2014年7月 第16回日本女性骨盤底医学会(青森) 弘前大学 産婦人科 水沼英樹
2015年8月 第17回日本女性骨盤底医学会(東京) 東京女子医科大学 泌尿器科 巴ひかる
2016年6月 第18回日本女性骨盤底医学会(福岡) 産業医科大学 産婦人科 蜂須賀徹
2017年7月 第19回日本女性骨盤底医学会(福井) 福井大学 泌尿器科 横山修  
2018年7月 第20回日本女性骨盤底医学会(東京) 日本医科大学 産婦人科 明樂重夫
 
今後の学会の予定はこちら
▲このページのトップに戻る